背骨矯正

背骨矯正のご案内

当院の背骨矯正は、小林式背骨矯正です。

小林式背骨矯正とは、背骨の歪みを正すことで筋肉・関節にかかる負担を軽減することを目的とした治療法です。

創始者の小林英健先生が「サイタ式骨盤調整法」「南條式脊椎矯正法」「磯谷式力学療法」を学び治療に取り入れました。3つの治療法はそれぞれに長所がありますが、一つ一つはオールマイティーではありませんでした。それらを小林英健先生が長所を組み合わせ小林式背骨矯正に再考しました。

ぎっくり腰の患者様が1回で歩くことができたり、長年正座できなかった方ができるようになったり、10年来の頭痛がなくなったりと数えきれないくらい多数の実績を残しております。院長は、小林整骨院に長年勤務し、その間この治療法のセミナー講師を長年務めています。

画像:小林英健先生著書画像:小林英健先生著書

背骨矯正からみた骨盤矯正の必要性。

人間は立ったり、座ったり、寝てる以外の姿勢のとき、約30個ある背骨は骨盤の上に載っている状態です。背骨をバランスの良い状態に整えるに当たって、土台の骨盤が歪んだり傾いた状態だと、背骨も全体的にはバランスよくならないことがあります。いわば傾いたテーブル(骨盤)の上に、積み木(背骨)が真っ直ぐ積めないのと同じ状態です。
より正しい姿勢や骨格のバランスを作るには、骨盤矯正も同時にする必要があるケースがあります。

何故、正しい姿勢が必要か?

人間の体は、骨盤(下肢)という土台の上に「せぼね」(上肢)が積み木のようにのっています。「せぼね」が、ネジレたりズレたりすると、支えている筋肉に ストレスがかかり、凝りがおたり血液の循環が悪くなるなどの症状が現れます。
その症状を気にとめず放置していると「痛み」や「せぼね」から出ている神経を圧迫して「しびれ」を引き起こしたり、内臓の機能低下をまねくといった危険な状態に進行してしまうことがあります。

何故「せぼね」が歪むのか?

「せぼね」のネジレやユガミは日常の生活動作や職場での姿勢が癖となって「せぼね」の歪みとなるものが、大半をしめます。たいていの人は日頃から当たり前 のようにとっている姿勢なので見過ごす事が多いのです。考えてみて下さい。悪い姿勢をとっていませんか?この悪い姿勢が毎日繰り返されることによって、 「せぼね」を歪めてしまっているかもしれません。

画像:背骨の歪み

治療への道

私たちの治療は医学的理論を土台とした「骨と筋の力学や習性」を利用した、矯正治療です。治療時に骨が動けば痛みは軽減されます。また、「せぼね」の動きも良くなり、体が動きが自然と滑らかになります。
わずか1回の治療で今までの痛みがウソのようになくなることも、珍しくありません。
また、治療後に、からだの爽快感・食欲増進と共に、むねやけやだるさ等を感じる事があります。これらは神経の動きが活発になったためです。また、「初めての 治療後」に治療を受けた部分や、今まで痛みのなかった部分に痛みが出ることがありますが、骨のバランスを変えた(正しい姿勢になった)ために起こるもので、 1~2日後には自然に消えますので心配は要りません。時には、治療を受けた後は楽だが時間が経つと症状が元に戻るといったことがあります。これは正しい位置に矯正された骨が、今までの癖や筋肉によって引っ張られて、もとのズレた状態に戻ろうとしているためや、十分に骨が動かなかったり、骨が弱いときに起こると考えられます。しかし、数回矯正すれば、自覚症状がなくなっても、再発を防ぐため、指示された回数を受診するようにしてください。

画像:腰の痛み

治療を受けられる方へ

骨盤・「せぼね」の歪みが大きい方や歪んでいた期間が長かった方が治療を受けられる過程では、「めんげん」反応(REACTION)と言って、一時的に今までよりひどい症状になったり、痛くなかった所が痛くなってきたりして、逆に悪くなったように感じる事があります。これは大きく歪んでいた り、長年の間、徐々に歪んできた「せぼね」が、短期間に矯正位に動いたり、矯正位からもとの歪んだ状態に戻ると、骨を支持する軟部組織や、神経が刺激を受けるからです。このREACTIONがおこれば、「せぼね」の関節が固定化していない(サビついていない)証明であり、回復の可能性が高くなるとお考え下さい。

予防診療

「せぼね」の歪みは矯正により正常に戻りますが、骨や筋肉の弱い人は、ストレスを受けたり、不自然な姿勢、長時間同じ姿勢をしていると、再び悪い癖がつきます。「せぼね」の歪みを繰り返さないためには、日頃から筋肉強化の運動やバランスのとれた栄養、そして、十分な睡眠を心がけるようにしてください。そして定期的に、「せぼね」の歪みの検査・矯正を受けられることが、健やかに過ごすことのできる予防医学へとつながるのです。

画像:ストレッチ

 

骨盤矯正の施術風景

画像;施術の流れ

背骨の診断
骨のズレ・ねじれ・ゆがみの
触診をします。

画像;施術の流れ

骨盤の診断

画像:施術の流れ

骨盤の調整
主に仙腸関節を調整します。

画像:施術の流れ

腰のズレ・ネジレ・歪みを矯正(1)
二人がかりで施術します。

画像:施術の流れ

腰のズレ・ネジレ・歪みを矯正(2)
膝を背骨にコンタクトして矯正します。

画像:施術の流れ

首の矯正
7つある首の骨をソフトに整えます。