メール相談 LINE相談
TEL LINE Web予約

老け顔にならないために自分で出来る肌の若返り方法 | 堺市で口コミ多数の整骨院|ふじた整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

老け顔にならないために自分で出来る肌の若返り方法

2022.08.19 | Category: 美容エステ

実際の年齢よりも若々しい肌でいたいと思う人は、肌の若返りを意識したケアを行うことが大事です。

若返り効果の高い美容施術を受けられるエステや美容クリニックもあり、肌質に合わせた施術が受けられます。エステに行かなくても、セルフケアで可能な肌の若返り法もあります。自宅でできるスキンケアなら費用も抑えられますし、時間がある時に手軽に実践できるという利点があります。肌の若返りを目指す時に、まず注意したいことが身体の健康の維持です。そのために必要なことは生活習慣の改善です。肌荒れからの回復や、新しい肌細胞の生成は、睡眠時間中に実行されますので、深い睡眠はきれいな肌には欠かせません。

十分な睡眠がとれていないと、肌の新陳代謝が滞るようになり、角質層が古いまま残って肌荒れの原因になります。お肌の若返り効果を高めるためには、早寝早起きができるように就寝時間を設定して、質のいい睡眠をとることです。紫外線を浴びると肌の老化が進みますので、できるだけ紫外線を肌で受けないように気をつけるようにしましょう。

太陽光に含まれている紫外線は、皮膚の乾燥を悪化させたり、くすみやシミの要因になります。肌の若返りを目指すためには、普段から日焼けどめクリームを使い、日傘やサングラスなどを使う習慣をつけましょう。日々ルーチンの中で、どんなことが肌の若返りに有効で、何をしないほうがいいのかを、認識することが重要です。

顔が痩せる方法で小顔に

2022.08.19 | Category: ダイエット

顔がもう少し痩せる方法はないのか、今以上に顔を小さくしたいと思う人も決して少なくないようです。

顔はもともとついている脂肪の量が少なく、骨格などにも関係しています。骨をどうにかすることが出来ない以上、脂肪を減らす以上のことで顔を小さくすることは困難です。あごの骨が細いために、顔が小さく見えて脂肪があっても気にならない人もいます。小顔に憧れる人が増えてきたことから、小顔を目的とした痩せる方法が色々と考え出されています。人によっては、顔についている脂肪量が多い場合や、顔がむくみやすいという場合もあります。

マッサージをすることで、顔の脂肪を代謝させるという方法も知られています。目や口もとの筋肉を動かす顔の運動をすることで、顔の脂肪を燃焼させ痩せるとい手段も知られています。顔面には様々な筋肉が張り巡らされていますので、表情筋を使うことで顔のシェイプアップ効果があるといいます。特に日本人は普段から、あまり表情を変えず、口をあまり動かさずに発音することも多いものです。

表情筋を使うことが少ない国民性ともいえるでしょう。顔の筋肉を使って代謝を活発にし、むくみ対策にもすることで顔を引き締めることが可能です。むくみを解消し、顔の筋肉を使うことで脂肪を取り除きたいのであれば、痩せるための手段をまず決めることです。

健康食品とサプリメント

2022.08.10 | Category: 健康サプリメント

健康食品で摂取する代表的なビタミンとして、まず挙げられるのがビタミンCやビタミンEです。お肌の調子を整える作用が、ビタミンCには期待されています。

体を酸化させないために、抗酸化作用があるビタミンEを健康食品から摂取する人も少なくないようです。疲れ目や目の乾燥に効果があるとされているビタミンには、ビタミンA、D、B2、B12があります。健康食品の材料には、合成された成分と自然界に存在する天然の成分とがあります。成分表示を調べることで、どちらのタイプの健康食品かわかります。

健康食品に含まれる栄養素を効率的に吸収するには、合成成分ではなく天然成分で作られた健康食品を選ぶといいとされています。効率的にビタミンを取り入れるには、飲み方も考えるべきでしょう。

水溶性なら、まめに飲むようにするといいでしょう。一気に摂取すると体に良くないことがあるのは、脂溶性のビタミンのグループです。水溶性ビタミンといえば、ビタミンCがよく知られていますが、ビタミンB1、B2、B6も水溶性に含まれます。一方、脂溶性のビタミンとして主なものはビタミンA、ビタミンE、ビタミンD2、ビタミンD5、ビタミンKなどが該当します。

他のビタミンと併用することで吸収を良くしたり、健康効果をより高めたりしますので、確認してみるといいでしょう。栄養素について基礎的な知識を仕入れた上で、健康食品を賢く使えるように工夫してみてください。

食べることでダイエットをサポートして痩せる食品について

2022.08.10 | Category: ダイエット

食べれば痩せる食品が発見されたら、ダイエットをしたい人が大挙して押し寄せるでしょう。

食べれば痩せるような食品があれば、痩せることに苦労する人はいなくなるはずです。普通に入手できる食品の中にも、ダイエットの効率を高める効果が期待できるようなものがあります。サプリメントをサポートする食品として知られているのは、カプサイシンという成分が含まれているトウガラシです。

体内にカプサイシンを摂取することで、脳からはアドレナリンが分泌され、身体に影響を与えます。アドレナリンは脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させるので、結果として脂肪が燃焼されやすくなります。トウガラシを摂取することだけが脂肪を燃やすことにはつながりませんが、運動時に摂取するとより効果が高まります。痩せたいからとトウガラシを食べすぎると胃を荒すことがあるので、食べ過ぎには気をつけましょう。

サプリメントでカプサイシンを補給すれば、胃への負担もかかりませんし、辛さを感じることもありません。ダイエット系のサプリメントにカプサイシンは配合されていることがあるので、誰でも簡単に摂取することができます。カプサイシンを摂取する時には、カプサイシンの脂肪燃焼はひとりでに起きるものではないことを知っておきましょう。

カプサイシンを摂取して運動をすることで痩せることが期待できるので、運動も合わせて行うことも必要です。

肌のために紫外線カット効果のある服装を

2022.08.10 | Category: 美容エステ

紫外線を遮る効果がある服を使うこどて、夏場でも日焼けによる肌のダメージを軽減することが可能です。家の外にちょっとだけ出かけるという人でも、紫外線カットクリームをつける習慣を身につけるようにしましょう。

最近は、市販の日やけ止めクリームも種類が増えていますので、商品をきちんと吟味して選ぶことが大事です。1年のうちいつの季節に使うものかや、屋外で活動している時間はどのくらいかで、選ぶべき日焼けどめクリームは異なります。効果時間が長い日やけ止めクリームもありますが、汗をたくさんかくような場合は、一定時間おきにクリームをつけ直すといいでしょう。紫外線から体を守るものは、日やけ止めクリームだけではありません。

UVカット加工が施されているサングラスや、帽子なども活用するといいでしょう。紫外線の影響を目が受けすぎないようにするには、UVカットが施されているサングラスを着用することが重要になります。何も遮るものがない状態では、目は紫外線の影響を受けやすくなります。強烈な紫外線が降り注いでいるような日でなくても、サングラスをつけるなどして日よけを心がけるといいでしょう。

最近は、紫外線を遮るような衣服が多くなっていますので、どんどん使っていきましょう。日焼けによって肌を傷めることが多いという人は、肌を露出する服装はできるだけ避けるようにします。強烈な紫外線が地表に降り注いでいるという日は、できるだけ紫外線を遮る服装をしましょう。

規則正しい生活を送ることでダイエットに成功できる

2022.08.10 | Category: ダイエット

ダイエットを成功させるためには、特別なことをしないといけないと思っている人が多いようです。

けれども、いつもしないことをしていると、長続きしなくなって挫折することがあります。運動不足を解消し、食事の摂りすぎを控えて、アルコールや間食の機会を減らし、生活習慣を改善することがダイエットの基本です。

不規則な生活をしていると体内時計が乱れて代謝も乱れて、太りやすくなります。質のいい睡眠を維持できない生活をしていると、ホルモンバランスが崩れて、食欲を増すホルモンが活発になりすぎたりします。摂取カロリー量を減らすために、身体に無理をしてても食事をとらない人がいますが、それではリバウンドするだけです。

食事制限をすると必要なエネルギーが不足をするので、不足した分は筋肉を分解して手に入れます。筋肉が使われてしまうと、基礎代謝の低い体になってしまうので、ダイエットがしづらくなります。一旦基礎代謝が下がると、これまでと同じ量の食事ではカロリーを燃やしきれずに余らせてしまうので、余った分が体脂肪になって体重を増やします。また、空腹時間が長いほど次に食事をしたときに血糖値が急激に上昇してしまうのもダイエットには適していません。

インスリンは、血糖値が高くなった時に分泌されるホルモンです。血液中の糖を減らしてくれますが、脂肪がつくられやすくなります。毎日決まった時間に、日に3回の適量の食事を摂ることが、身体の調子を整えダイエットを成功させるベースになります。

パントテン酸のサプリメントの摂取方法

2022.07.27 | Category: 健康サプリメント

パントテン酸のサプリメントは、さまざまな健康効果のある事から、最近注目されています。

どういった方法をとれば、パントテン酸サプリメントの良さを引き出すことができるでしょう。1日あたりの摂取量の目安は、男性も女性も6mgです。しかし、特に上限量の定めがないので、安全性の高いビタミンだといえます。

パントテン酸が足りなくなると、免疫が下がり、体の成長や副腎の働き悪くなります。手足のしびれや疲労、皮膚炎、脱毛や不眠、食欲不振なども起こるので欠乏症には注意が必要です。

サプリメントの大量摂取などでパントテン酸を摂りすぎると、便がゆるくなる場合があります。基本的に必要量以外は排出されるものなので、重篤な副作用の報告はありません。ビタミンB群を、全体のバランスを考えまんべんなく摂取すれば、パントテン酸の持つ美肌効果や美髪効果が得られるようになります。葉酸やナイアシン、ビタミンB1などと一緒に、摂取するのも良いでしょう。サプリメントだけではなく、普段の食事からもパントテン酸を摂取することはできます。

パントテン酸を含む食べ物には、レバー料理や納豆があります。サプリメントがあれば大丈夫と油断しないようにしましょう。偏食気味の人や、妊娠中の人は、サプリメントでパントテン酸を補うのもおすすめです。水溶性であるパントテン酸は、体内にとどめておくことが難しい成分です。胃腸内にいる時間が長くなるタイムリリース加工のパントテン酸サプリメントを使ったり、複数回に分けてサプリメントを飲むなどの工夫が必要です。

朝食を置き換えてダイエット

2022.07.27 | Category: ダイエット

ダイエットのために食事を切り替える場合、昼食や夕食は思うようにいかないことが多いので、朝食で置き換えダイエットをするという人がいます。ですが、ダイエットの達成しやすい脂肪燃焼を促進する体質を維持するには、朝食を極端に減らして自律神経に影響が出るような活動をしていると逆効果に作用することもあります。ダイエットのうえで朝食をしっかり摂ることは大切です。

このタイミングに置き換えダイエット食を取り入れるのですから、栄養はもちろん、眠っていた身体を覚まし、体の新陳代謝に喝を入れる置き換えダイエット食品を選ばなければなりません。きちんと噛んで食べることができるよう、シェイクやゼリーでの食事だけで朝を終わらせてしまわないようにしましょう。

噛んで食べるダイエット食品と、噛まずに食べられるダイエット食品とが販売されていますが、どちらを利用するかで、体に及ぼす結果には明確な変化があります。噛みしめて脳を刺激することにより、寝ている間に働いていた副交感神経から起きてから働く交感神経への切り替えができるのです。副交感神経が働くことで体脂肪の燃焼がゆるやかになり蓄積されやすくなるため、寝る前や遅い夕食はダイエットに禁物です。起きてしばらくボンヤリが抜けなかったり、集中しきれないということを予防するには、しっかり噛んで食べることです。咀嚼する食事を念頭に置くならば、クッキー型のダイエット食での置き換えダイエットがいいでしょう。

便秘やお肌のコンディションにも役立つ置き換えダイエット食品におからを原材料としたクッキーがあります。おからクッキーは噛んで食べると満腹感が増し、優れた置き換えダイエット食材といえます。

美肌を保つアンチエイジング方法

2022.07.20 | Category: 美容エステ

美容業界で美肌やアンチエイジングの最新治療法として話題のサーマクールがあります。かつては、アンチエイジング効果のある美容施術といえばフォトフェイシャル、リフティング、レーザー光でしたが、それらとは別のものです。従来使用されていたレーザー波より長い波長の高周波であるラジオ波を用いた装置を使います。サーマクールは皮膚の深い部分まで届きますので、筋肉や真皮層を引き締め、アンチエイジング効果を高めることができるといいます。サーマクールは美肌にも良いとされており、お尻を引き締めたり、首のしわやたるみを除去する施術もできるといいます。サーマクールは、にきびやにきびの痕跡にも作用するといいます。サーマクールは高周波のエネルギーを肌に照射しますので、効果が出て欲しい皮膚の深層に届き、表面は冷やされたままという状態になります。施術後、洗顔やメイクに制限がないこともサーマクールの利点です。美肌効果、しみやたるみの解消によるアンチエイジング効果が、サーマクールによって実感できる美容効果といえるでしょう。施術の影響は、3ヶ月程度の時間をかけて少しずつ現れてくるようです。アンチエイジングのために期待することといえばしみやしわが減ることや、くすみが目立たなくなることですば、それには3ヶ月から4ヶ月かかるといいます。半年ほどアンチエイジングの作用が続き、美肌になれるという点が、サーマクールの人気の理由です。

簡単なストレッチ運動でお腹をスリムにできる

2022.07.20 | Category: ダイエット

お腹を引き締めてスリムになりたいという人には、簡単にできるストレッチがおすすめです。若かった頃はスリムだった下腹部も徐々に脂肪が増えてきて、スリムにしたいという人はたくさんいます。下腹部は脂肪が蓄積しやすい部位です。それは、お腹の筋肉を使った活動を日中あまりしないためです。簡単なストレッチを続けることで、スリムなお腹まわりを手に入れることができます。腰のツイスト運動は、お腹周りをスリムにできる手軽な運動といえます。頭の後ろで手を組み、肘を広げて、肩幅まで足を広げた姿勢で膝をつきましょう。お腹を回し、腹筋を動かすようイメージしつつ、体をまず右回します。そのまま上半身を右方向に倒し、ゆっくり10数えたら終了です。ひねり終わったら、体を真っすぐに戻し、また同じ方向にひねります。左右3回すつひねるだけでできるので、非常に簡単な運動です。台所作業のちょっとした合間や、テレビを眺めながらでもできる運動なので、習慣化することは難しくないでしょう。回数や秒数はあくまでも目安ですので、けっして無理をせず自分の体力に合わせて行うことも大切です。簡単にできるストレッチですが、毎日続けることによってスリムなお腹まわりになることが可能です。ダイエットを達成しスリムになる手段として、簡単なストレッチを活用してください。