メール相談 LINE相談
TEL LINE Web予約

自宅でできる顔のリフトアップ方法 | 堺市で口コミ多数の整骨院|ふじた整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

自宅でできる顔のリフトアップ方法

2022.05.25 | Category: 美容エステ

顔のリフトアップを、自宅で手軽にできる方法はあるのでしょうか。顔のリフトアップは気になるけど美容外科や皮膚科に行く勇気はないという人もいます。お金もそんなにかけたくないしという方には、簡単な自宅でできる顔のリフトアップの方法がぴったりです。顔のリフトアップにとても効果のあるマッサージとして、リンパ排泄マッサージや筋肉ストレッチマッサージは肌を活性化させるのでおすすめです。筋肉をほぐして鍛えることで目元の血行も良くなりクマや小じわをふせぐ対策にもなります。加齢による目のたるみは目元の筋肉の衰えから来るものだからです。きちんと毎日続ける事で、まぶたのムクミも解消し、目元がすっきりとしてきます。まぶたのリフトアップには化粧品や自力でのマッサージが必要となるようです。レーザーを施術する顔のリフトアップはまぶたにはしないからです。全頭骨をマッサージでほぐし上に引き上げることが、額のシワは前頭骨がズレたり、ゆるむことによりできるので重要となります。そして額にむくみが出ると額の皮膚が下がり目にもたるみを感じてしまうので額のマッサージは顔のリフトアップの要でもあります。さらにアゴは、むくんで二重あごにもなりやすいといえます。顔の中でもリンパが流れにくい場所だからです。普段あまり使用しないあごの筋肉を動かしリンパをしっかり流すことで、これを解消することができ、顔のラインのリフトアップになるのです。自分の指を使ってする、自宅で誰でも簡単にできる、顔のリフトアップでも、いろいろな効果が期待できるのではないでしょうか。

水着を着たいのでどうしても痩せたい

2022.05.25 | Category: ダイエット

どうしても痩せたいという女性が、夏に海で泳ぎたい、きれいでいたいなどの理由で多いようです。大幅に食事量をカットして痩せようという方も少なくないようです。どうしても痩せたいと思っても、体を痛めつけるようなダイエットではいい結果は出ません。リバウンドによる体重増加や、拒食症や過食症など精神のバランスを崩す原因が、食事量を大幅に減らすダイエットにある場合もあります。食事は抜かずに3食、しっかりとることが大事です。3食取らないと、ストレスがたまり、美しく痩せることはありません。無理な痩せ方をした女性には、魅力を感じない男性が多いのです。どうしても痩せたいからと無理をして食事を抜き続けていると、胃が小さくなって消化能力自体が失われていきます。楽しいデートの場だったとしても、居心地の悪い思いをするかもしれません。食べる量をただ減らすのではなく、ダイエットにいい食べ方を実践すればどうしても痩せたいという願いも叶います。最近、ダイエット用の「宅配ダイエット」というシステムが注目を浴びています。おいしく量があり、それでいてローカロリーなご飯が可能です。これまで食べていたものを再チェックし、宅配ダイエットやダイエットメニューを摂取することでどうしても痩せたいという目標を実現しましょう。

プロポリスサプリメントとは

2022.05.18 | Category: 健康サプリメント

美容や健康な体をめざして、多くの人がプロポリスのサプリメントを摂っているそうです。プロポリスサプリメントとは、一体どういった成分なのでしょう。ミツバチが素を作るために生成する物質がプロポリスというものです。ミツバチは樹脂をいろいろな植物から採ってきて、プロポリスの原材料となる原塊を自身の唾液と混ぜ合わせることで作り上げるといいます。いつも無菌の状態にミツバチの巣が保持されているのは、プロポリスを巣の材料に利用しているからです。天然の抗生物質と呼ばれるプロポリスは、強い抗菌作用を持っています。プロポリスを、感染症の予防や傷の消毒に使っていたのが古代ギリシャです。古代エジプトでは、ミイラか腐らないようにプロポリを利用していたといいます。風邪やインフルエンザを予防する効果や、胃かいようや十二指腸かいようなどの生活習慣病の予防効果などが、プロポリスの成分にはあるといわれているそうです。抗ガン作用、口内炎の予防、アトピーや花粉症対策、リウマチの改善やなど、プロポリスのサプリメントを利用することでさまざまな効果があるようです。食事からプロポリスは摂取することが不可能なので、普通はサプリメントから摂取します。最近では様々なプロポリスサプリメントが販売されています。

簡単に減量するには基礎代謝がポイント

2022.05.18 | Category: ダイエット

減量を食事制限によって簡単に成功させるためには、基礎代謝をあげることが重要です。基礎代謝量は、実は筋肉の量によって左右されます。その時点での身長や体重より、筋肉の量の方が減量のペースに関係しているといいます。減量をより簡単にしたいならば、筋肉を増強するようにしてください。摂取カロリーを減らすことで体脂肪は減りますが、筋肉も少なくなるために基礎代謝を減らすことになります。筋肉が少なくなると体重も減るので、その時はダイエットがうまくいったようにも見えますが、代謝が低いと減量はスムーズにいきません。減量中に起きる停滞期とは、このような代謝の急激な低下によって発生することです。また、基礎代謝が低くなって脂肪が燃えづらくなっていることで、リバウンドの可能性が高まります。停滞期をクリアするために必要なことは、食事制限で筋肉が減ることのないよう対策を取り、新陳代謝の高さをキープすることだと考えられます。体を使う行為をこまめにすることで、筋肉が弱体化しないように注意しましょう。いざというとき簡単に減量を行うためには、代謝をおとさないための下地を作っておくことが重要といえます。どんな運動でも体を使うようにすることで、簡単な運動での減量が達成できます。

フォトフェイシャルでのにきび治療の注意点

2022.05.13 | Category: 美容エステ

皮膚への負担が少なく、効果的なにきび治療ができるフォトフェイシャルは注目の美容法ですが、気をつけたいこともあります。フォトフェイシャルによる治療もレーザーと同じように1回の施術では大きな効果を得ることはできません。5回から10回のフォトフェイシャルを、3週間おきくらいのペースでやっていきます。治療が終わるまでにかかる時間は、3カ月から7カ月という計算になります。繰り返し受けることで、お金もかかることになります。1度のフォトフェイシャルの費用は、顔全体に施せば1~5万円ぐらいとなります。治療効果が見られたことで最後までやり通すことになるとかなりの治療費になるでしょう。にきびのためにフォトフェイシャルを使うという人は、費用負担の見通しを明確にしておくことです。肌に負担の少ないフォトフェイシャルとはいえ、治療を受けることができない人もいます。フォトフェイシャルを受けられない人は、アトピー肌や強い日焼け跡がある人、妊娠している人などです。これらの肌の人は、フォトフェイシャルの刺激の少ない光でも、皮膚を傷める可能性があります。美容クリニックに実際に足を運び、カウンセリングを十分に受けることで、フォトフェイシャルでのにきび治療の方法が見えてくるものです。費用の面や体質の面で納得できてから、フォトフェイシャルのにきび治療を受けることが大切です。

お腹引き締めダイエットの基本的なコツとは

2022.05.13 | Category: ダイエット

ダイエットで、お腹を引き締めたいという人は少なくありませんが、思うような結果が出ないと悩んでいる方もいるようです。ダイエットの基本は、運動不足を解消して積極的に体を動かすことと、食習慣を改善して、適切な量を食べることです。お通じのいい体になることで、代謝を良くし、お腹に貯まった脂肪を燃やすことができますので、便秘にいい食事を重視しましょう。便秘解消のためには野菜や果物などで食物繊維を摂取して、腸の調子を整えることが重要です。食事だけでは食物繊維が足りていないという人は、サプリメントを使うという方法もあります。運動量を増やすことは、食事と同様にダイエットには大事です。ウォーキングの習慣を確立させる必要があります。運動のやり方はバリエーションがあり、きつい運動をすればいいというものではないので、効率的に痩せられる運動を探しましょう。ダイエットを成功させるためには、運動の予定や将来的な見通しを立てて、自身に合う方法での運動に取り組みましょう。人間の身体は筋肉によってカロリーを燃やしていますので、筋肉を増やす筋トレをした上で、脂肪を燃やす有酸素運動をする必要があります。ハードな運動をする必要はなく、手軽にできる有酸素運動でおすすめなのはウォーキングです。日頃、運動量が足りていない人は、ウォーキングの習慣をつけるだけでも脂肪が燃えやすくなって、お腹の引き締め効果を実感できるでしょう。体脂肪の蓄積によるお腹のふくらみを解消するためには、食物繊維を積極的に摂って便秘を解消し、ウォーキングなどで運動量を増やすことが大事です。

良質のサプリメント

2022.05.09 | Category: 健康サプリメント

良質のサプリメントとはどのようなものなのでしょうか。日本でもサプリメントはすでにごく身近な存在になりました。スーパーやドラッグストアなどでも他の食品と同じようにサプリメントを購入することができます。サプリメントの利点はやはり、手軽に体にいい栄養素を摂取できることです。実際食品に位置付けされているので、商品としてはかなりのばらつきがあるようです。誰もが良質で安全なサプリメントを利用したいと考えるところです。サプリメントの中には粗悪な商品も混ざって販売されている場合も少なくないようです。サプリメントが商品として販売されるようになった歴史も浅く、まだまだ一般的に知られていないことも多いのが現状です。サプリメントに関する理解を深めておかなければ、良質な商品は手に入りにくいのがサプリメントの実情です。配合成分が同じでも、金額の差は大きいことも珍しくありません。金額の差が良質なサプリメントを現しているとは限らないので、金額は参考程度の情報にしましょう。成分表示を読み取れる知識を持つことが、良質のサプリメントを見つけ出すきっかけになります。配合されている成分がきちんと書かれていないサプリメントは考慮の範囲外ですが、成分表示があれば天然成分を使ったサプリメントが良質といえます。サプリメントの外見は医薬品に近いですが、分類上では食品です。食事からは不足している栄養素を摂取するための追加の食材という扱いになります。栄養摂取の前提は日々の食事です。そのことをきちんと踏まえた上で、良質なサプリメントで栄養素を取り入れていきましょう。

ダイエット成功には筋トレによる筋肉量アップが必要

2022.05.09 | Category: ダイエット

ダイエットをやり遂げたいなら、筋トレで筋肉増強をはかることが重要になります。痩せるためにダイエットをしたことがある人はたくさんいますが、未達成で終わってしまった方も少なくありません。ダイエットを成功させるために積極的に体を動かし、カロリー制限をする人は多いですが、筋トレもダイエットには重要です。とはいえ、今は食事制限をしてダイエットをする人が増えています。摂取するカロリーをコントロールするダイエット方法は、早くダイエット効果が現れるからです。ダイエットとは、ただ体重を減らすことだと思っている人は、筋トレをする意味がないと思いがちですが、身体の基礎をつくるには筋トレが大事になります。筋肉は脂肪より重くでかきているため、筋肉がたくさんつくと太ってしまうのではないかと思って、躊躇してしまう人もいます。体重増加の要因は筋肉がついたことにある場合もあります。体つきは筋肉質になっているのに、当人の体は引き締まっています。運動量は同じでも、筋肉がついているかいないかでね、使うカロリー量は異なります。より効果的に脂肪を燃焼させたいのであれば、筋トレをして筋肉をつけることがダイエット成功につながります。筋トレをはじめた当初は、筋肉がつくので体重計の数字に変化がなかったり、人によっては数字が増えることもあります。きちんと筋トレをしながらダイエットを行うことで、徐々に体脂肪の燃焼促進効果が得られるようになり、ダイエットの成功率もより高くなります。

頬のたるみを改善するには

2022.04.26 | Category: 美容エステ

頬のたるみを解消する方法としては、マッサージ、ストレッチ、サプリメントや美容外科での治療などがあります。家にいながら、手軽に頬のたるみ対策をしたいという人もいます。家でできる方法としてはマッサージや表情筋トレーニングがあります。顔には表情を作る筋肉がたくさん張り巡らされていますが、基本的にはその3割ほどしか使っていません。若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。表情筋をよく動かすことは、頬のたるみ対策に効果があるとされています。口のはじと頬に力をこめ、上に上げる運動が頬のたるみ対策になります。まずは右側だけの頬と口元をあげます。数秒経ってから、左がの頬と口元を同様に動かします。頬のたるみには、右と左でおのおの10回ずつ取り組むことが有効です。リンパの循環を改善し、体内に蓄積されている老廃物の排出を助けるリンパマッサージも効果があるといいます。顔にもリンパの流れが多く集中しているため、頬のたるみやフェイスラインを整える効果が期待出来るとされています。頬を含めた顔全体のたるみ解消方法としての表情筋を鍛える運動やリンパマッサージを毎日少しずつ継続して続けましょう。頬のたるみによる5年後10年後の顔の印象が全く変わってくるとされているため是非実践してみたいものです。

健康的なダイエットにはカロリーコントロールが必要不可欠

2022.04.26 | Category: ダイエット

ダイエットに取り組む場合は、まず、栄養の偏りがなく、ローカロリーの体にいい食事が必須になります。摂取カロリーが消費カロリーを超えると、体重が増えて太ってしまうので、ダイエット時には摂取カロリーが消費カロリーを超えないようにしなければなりません。しかし、ダイエットのためだからと過度なカロリー制限をすると、そのせいで体調を崩してしまうこともあるので気をつけましょう。単に痩せればいいというダイエットではなく、痩せることでより健康的な体になることを目指して、健康的な生活や、献立を目指すといいでしょう。食事量を減らしていると、疲労が蓄積しやすくなったり、免疫力が落ちるなど、様々なデメリットがあります。体に必要な栄養は確保しつつ、カロリーを制限できるようなダイエットを目指しましょう。身体の健康をキープするために必要な栄養が足りていないと、カロリー摂取量はちょうどよくても、栄養が欠乏してしまうということもありえるでしょう。ただやみくもに食事制限をすると栄養失調の状態になり、体の機能が低下するだけではなく、精神的にも支障をきたすようになってしまいます。もともと、ダイエットは健康になるための行為です。体重は減ったけれど体調は悪くなったというダイエットは避けたいものです。健康なダイエットをするためにも、カロリー制限はほどほどにして、栄養は確保するようにしましょう。ダイエットの必要がない生活ができるように、日々の食事内容や、生活習慣も改善していくことが大切です。ただカロリーを制限するだけでなく、運動不足の解消や、生活習慣の見直しが、ダイエットにとつながります。