南海高野線 堺東から徒歩
menu
南海高野線 堺東から徒歩分の整骨院

「腰痛や下半身に痺れ」すべり症とは?症状や改善方法をご紹介

日常生活で、腰痛や下半身に痺れを感じたことはないですか?それはもしかすると「すべり症」の可能性があります。
すべり症とは、背骨の一部がずれてしまうことで、さまざまな痛みや不快感を引き起こす病気です。この記事では、すべり症の原因、症状、診断方法、そして治療法について詳しく解説し、日常生活における予防策についても紹介します。すべり症について正しい知識を身につけ、健康な生活を送りましょう。

こちらの記事でわかること

すべり症とは?

すべり症とは?

すべり症(脊椎すべり症)は、脊椎(背骨)の一部が前方または後方にずれてしまう病態です。このずれによって、脊椎の正常な配列が崩れ、周囲の神経や組織に圧力がかかることで痛みや不快感を引き起こします。すべり症は、特に腰椎(腰の部分)で発生することが多く、これにより腰痛や下肢の痛み、しびれ、筋力低下などの症状が現れます。

すべり症の主な原因には、加齢による骨や関節の変性、過去の外傷、遺伝的要因、重労働やスポーツによる過度の負担などが挙げられます。診断には、問診や身体検査に加えて、X線やMRIなどの画像検査が用いられます。治療方法は、症状の程度や原因に応じて異なり、保存療法(安静、薬物療法、理学療法)から手術療法まで幅広くあります。

すべり症を早期に発見し適切に対処することで、日常生活の質を向上させることができます。痛みや違和感を感じた場合は、早めに専門医に相談することが重要です。

すべり症の主な症状や特徴

特に高齢者に多く見られ、骨や関節の変性が主な原因とされています。
それでは、すべり症にはどのような症状があられるのかをご紹介してきます。

腰痛

最も一般的な症状で、特に長時間座ったり立ったりしていると悪化します。痛みは腰の中央から左右に広がることがあります。

下肢の痛みやしびれ

腰から臀部、太もも、ふくらはぎ、足まで痛みやしびれが広がることがあります。これは神経が圧迫されるために起こります。

筋力低下

下肢の筋力が低下し、歩行や立ち上がりが困難になることがあります。

姿勢の変化

背骨のずれによって姿勢が変わり、前傾姿勢になることがあります。

可動域の制限

腰や背中の可動域が制限され、動きにくくなることがあります。

すべり症になってしまう主な原因

すべり症の原因は複数あります。

加齢

加齢に伴い、椎間板や椎間関節が変性し、脊椎の安定性が低下します。これにより、背骨がずれやすくなります。

遺伝的要因

家族にすべり症の既往がある場合、遺伝的に発症リスクが高まることがあります。

外傷

交通事故やスポーツでの怪我など、強い外力が脊椎にかかることで発症することがあります。

重労働や繰り返しの負担

重い物を持ち上げる作業や、前屈や捻る動作を繰り返すことが多い職業やスポーツは、脊椎に過度の負担をかけ、すべり症のリスクを高めます。

姿勢の悪さ

長時間の悪い姿勢(例:デスクワークでの猫背など)は、脊椎に不均等な圧力をかけ、すべり症の原因になることがあります。

肥満

体重が増えると、腰椎にかかる負担が増大し、脊椎のずれを引き起こす可能性が高まります。

脊椎の先天異常

生まれつきの脊椎の形状異常や発育不全も、すべり症の一因となることがあります。

その他の疾患

骨粗しょう症や脊椎関節炎など、他の脊椎関連疾患が進行すると、脊椎の安定性が低下し、すべり症が発生しやすくなります。
これらの要因が組み合わさることで、すべり症のリスクが増大します。リスクを軽減するためには、正しい姿勢の維持、適度な運動、体重管理、そして必要に応じて専門医の指導を受けることが重要です。

すべり症にならないための対策

すべり症を予防するためには、日常生活におけるいくつかの対策を実践することが重要です。

正しい姿勢を保つ

長時間座る場合は、腰を支える椅子を使い、背筋を伸ばして座るように心がけます。
デスクワークでは、椅子と机の高さを調整し、モニターの位置を目の高さに合わせることが大切です。

適度な運動

定期的な運動は、筋力を強化し、脊椎の安定性を保つために役立ちます。特に、腹筋や背筋を強化する運動が効果的です。
ヨガやピラティスなどの柔軟性を高める運動も、腰の可動域を広げるのに役立ちます。

体重管理

適切な体重を維持することで、腰椎にかかる負担を軽減できます。バランスの取れた食事と運動を組み合わせて、健康な体重を維持することが重要です。

適切な持ち上げ方

重い物を持ち上げる際には、腰を曲げずに膝を曲げて持ち上げることが推奨されます。また、物を持ち上げる際は、背中をまっすぐに保ち、物を体に近づけて持ち上げることが重要です。

定期的な休息とストレッチ

長時間同じ姿勢でいることを避け、定期的に休憩を取りましょう。休憩時には簡単なストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐすことが大切です。

適切な寝具の選択

硬すぎず、柔らかすぎない適度な硬さのマットレスと、適切な高さの枕を使用することで、寝ている間の腰椎への負担を軽減できます。

禁煙

喫煙は骨の健康に悪影響を与え、骨密度を低下させることがあります。禁煙することで、骨の健康を保ち、すべり症のリスクを低減できます。

定期的な健康チェック

定期的に健康診断を受け、骨密度や関節の状態をチェックすることも予防に役立ちます。異常が見つかった場合は、早期に対処することが重要です。

すべり症はどこで治療をしてもらえる?

すべり症の治療を受ける場所は、以下の医療機関や専門家が一般的です。

整骨院や整体

マッサージやソフトな矯正を通じて、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進します。これにより、痛みやこりが緩和されることがあります。

整形外科

整形外科は骨、関節、筋肉、靭帯などの運動器官を専門とする診療科です。すべり症の診断や治療、手術を含む幅広い対応が可能です。

脊椎専門クリニック

脊椎専門のクリニックでは、脊椎に関する疾患を専門的に診療しており、すべり症に対する専門的な治療が受けられます。

総合病院

大きな総合病院には、整形外科やリハビリテーション科、ペインクリニックなどが揃っているため、複数の専門家による包括的な診療が可能です。

鍼灸院やカイロプラクティック

補完代替医療として、鍼灸やカイロプラクティックが痛みの軽減や筋肉の緊張緩和に役立つことがあります。ただし、これらの治療法は医師と相談しながら選ぶことが重要です。

腰痛や下半身に痺れを感じたら堺市のふじた整骨院にご相談ください

すべり症は腰椎が前方に滑ることで発生する状態ですが、当院では骨格矯正により、腰椎が滑った状態やバランスが崩れた状態を、体にストレスをかけずに整えます。同時に、腰椎や骨盤を支える筋肉、特にインナーマッスルの力を向上させることで、早期回復と再発防止を図ります。当院では、自己運動(いわゆる体幹トレーニング)に頼らずともインナーマッスルの筋力をアップできるEMS機器を備えており、再発防止を含めた最善の治療を提供しています。筋力アップを希望される方には、積極的にEMS機器の利用をお薦めしています。

さらに、通院回数が限られている方や、日常生活で負傷部位への負担が避けられない方など、完治が難しい環境にある方には、患部の包帯、サポーター、テーピングによる固定・保護を行います。また、日常生活での姿勢や注意点、損傷部位の回復のための体操、ストレッチ、自己マッサージなどを指導し、完治しにくい環境からの脱却を支援します。

この記事を書いた人
Picture of 藤田泰治
藤田泰治

堺市にあるふじた整骨院の院長です。

ふじた整骨院へのアクセス

診療時間

日/祝
⚫︎⚫︎

腰痛や肩こりをはじめ体の不調でお悩みの場合はふじた整骨院にご相談ください!

まずは痛みの原因を徹底的に探る

痛みの患部周辺にはさまざまな筋肉や腱、靭帯が存在し、それらの損傷が痛みの原因になることがあります。
そのため、当院では問診、視診、徒手検査、理学検査を用いて痛みの原因を特定または推測し診断します。

治療の方法は8種類から選ぶ

その痛みの原因がわかれば、状態に応じて8種類の治療法(鍼灸、柔整手技療法、ストレッチ、特殊高周波治療器など)の中から、患者様の希望も考慮しつつ、適切な治療法を組み合わせて行います。
もしも施術効果が低い、または効果が出ない場合は、その理由がある場合を除いて、治療法の見直しを行います。

通院回数をできる限り少なく効果的な治療を

これらオーダーメイドの治療計画に加え、損傷部位への治療が最大限の効果を発揮し、損傷した組織の回復力を高めるために、根本治療と密接に関係する骨格矯正(姿勢矯正)を行います。
肩の痛みだけであっても、足の長さや骨盤の捻じれなどを正しいバランスに整えることで、数回の治療で完治したり、治癒までの期間が大幅に短縮されることは珍しくありません。

また、通院回数があまり確保できない方、日常生活で負傷部位への負担が避けられない方など、完治しにくい環境にある方は、それをほごするためのサポーター、テーピングでの保護はもちろん、日常生活での姿勢等留意点、損傷部位回復のための体操・ストレッチ・自己マッサージ等もご指導し、完治しにくい環境からの脱却も進めてまいります。

他の症状はこちら
「肩の左右の位置が違う」側弯症とは?症状や改善方法をご紹介
「肩の左右の位置が違う」側弯症とは?症状や改善方法をご紹介
『立ち上がる時に痛みを感じる』変形性股関節症とは?症状や改善方法をご紹介
『立ち上がる時に痛みを感じる』変形性股関節症とは?症状や改善方法をご紹介
「腰痛や下半身に痺れ」すべり症とは?症状や改善方法をご紹介
「首や肩に鈍痛など違和感」頚椎椎間板ヘルニアとは?症状や改善方法をご紹介
「首や肩に鈍痛など違和感」頚椎椎間板ヘルニアとは?症状や治療方法をご紹介
頚椎症(けいついしょう)とは?
「手に痺れを感じる…」頚椎症(けいついしょう)とは?症状や改善方法をご紹介
上部へスクロール
メニュー
診療時間
日/祝
⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
アクセス