南海高野線 堺東から徒歩
menu
南海高野線 堺東から徒歩分の整骨院

「手が痺れてお箸が使いにくい」脊椎管狭窄症とは?症状や治療方法をご紹介

「手が痺れてお箸が使いにくい」脊椎管狭窄症とは?症状や改善方法をご紹介

脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)は、脊椎の中を通る脊髄や神経が圧迫されることによって引き起こされる病気です。
特に高齢者に多く見られ、手や腰痛や下肢のしびれ、痛みなどの症状が現れることが一般的です。日常生活に大きな影響を与えるこの病気の原因や症状、治療法について詳しく解説します。

こちらの記事でわかること

脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)とは?

脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)とは、脊椎管(脊柱の中央を通るトンネル状の部分)が狭くなり、そこを通る脊髄や神経が圧迫される状態を指します。
この状態は、特に腰部や頸部で起こりやすく、さまざまな症状を引き起こします。

脊椎管狭窄症の主な症状や特徴

脊椎管狭窄症の主な症状は、圧迫される神経の部位や程度によって異なりますが、以下のようなものがあります。

腰部脊椎管狭窄症の症状

腰痛

特に長時間立っているときや歩いているときに悪化します。
下肢のしびれや痛み: 特に太ももやふくらはぎにかけて感じることが多いです。
間欠性跛行(かんけつせいはこう): 歩行中に足の痛みやしびれが悪化し、休むと改善する症状です。これにより、短い距離しか歩けなくなることがあります。

下肢の筋力低下

足の力が弱くなり、つまずきやすくなったり、足を引きずるようになることがあります。

排尿や排便の障害

重度の場合、膀胱や腸の機能に影響を及ぼすことがあります。

頚部脊椎管狭窄症の症状

首の痛み

首の後ろや肩に痛みを感じることがあります。
上肢のしびれや痛み: 特に腕や手にしびれや痛みを感じることがあります。

手の巧緻運動障害

手先の細かい動作が難しくなることがあります(ボタンを留める、文字を書くなど)。

筋力低下

上肢や下肢の筋力が低下することがあります。

歩行障害

バランスが悪くなり、ふらついたりすることがあります。

その他の症状

体幹のしびれや痛み: 背中や腹部にもしびれや痛みを感じることがあります。
筋肉の痙攣: 特に夜間に脚の筋肉が痙攣することがあります。

脊椎管狭窄症にならない対策

下記の対策を日常生活に取り入れることで、脊椎管狭窄症の予防に役立ちます。

正しい姿勢を保つ

まずは座り方ですが、長時間座る際には、背筋を伸ばし、腰に適度なサポートをするクッションを使用する。
また、立つときも背筋を伸ばし、腰に負担をかけないようにすることが大事です。

適度な運動

特に腰や背中の筋肉をほぐすストレッチを定期的に行います。
また、腰回りの筋肉(腹筋、背筋)を強化するエクササイズを取り入れると効果が増します。

適切な体重管理

栄養バランスの良い食事を心がけ、体重を適正範囲に保つようにしましょう。そして、 有酸素運動(ウォーキング、水泳など)を定期的に行い肥満にならないように対策しましょう。

重い物を持つ際の注意

重い物を持ち上げる際には膝を曲げ、背筋を伸ばして持ち上げるなど姿勢を意識しましょう。
どうしても一人で持つのが困難な場合は、他人の助けを借りるなど、身体に極度な負担を与えないようにしましょう。

ストレス管理

ヨガ、瞑想、深呼吸などのリラクゼーション法を取り入れるのも効果的ですし。趣味を楽しむ時間を持ち、心身のバランスを保つようにしましょう。

脊椎管狭窄症はどこで治療してもらえる?

脊椎管狭窄症の治療は、症状の重さや患者の状態によって異なりますが、以下のような医療機関や治療施設で受けることができます。
個々の状態や症状に応じて適切なものを選ぶ必要があります。

整骨院・接骨院

筋肉や関節の調整、マッサージ、ストレッチなどを通じて痛みを緩和し、筋肉の緊張を和らげます。
また、電気療法、温熱療法、超音波療法などを使用して症状を緩和します。

整体院

整体師が姿勢の改善、身体のバランス調整を行い、症状の緩和を目指します。
ただし、整体院は国家資格を持たないため、選択する際は信頼できるところを選ぶことが重要です。

鍼灸

鍼灸師が針や灸を用いて痛みを緩和し、血行を改善します。

整形外科

レントゲン、MRI、CTスキャンなどの画像診断を用いて正確な診断を行い、薬物療法やリハビリテーション、場合によっては手術を行います。

リハビリテーション科

筋力トレーニング、ストレッチ、姿勢改善の指導を行い、痛みの軽減と機能の改善を目指します。
日常生活動作の改善をサポートし、生活の質を向上させます。

ペインクリニック

痛みの管理: 痛みを専門に扱う医師が、神経ブロック注射、鎮痛剤の処方などを行い、痛みを管理します。

カイロプラクティック

カイロプラクターが脊椎の調整を行い、神経の圧迫を軽減することを目指します。こちらも信頼できる施設を選ぶことが重要です。

脊椎管狭窄症と感じたら当院にご相談ください

脊椎管狭窄症の症状を感じることはありませんか?そのまま放置しておくと、日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

脊椎管狭窄症の症状は、早期の対応が重要です。早めに診察を受けることで、適切な治療法を提案し、症状の悪化を防ぐことができます。
特に、腰や背中の痛みや、足のしびれ、歩行時に不快感を感じる方は、ぜひ一度ご相談ください。

当院では、以下のような症状に対応しております:

  • 腰や背中の痛み
  • お尻や足のしびれや痛み
  • 足の感覚の鈍さや力の低下
  • 長時間立ったり歩いたりする際の痛み

ご相談いただくことで、症状の原因を特定し、適切な治療プランを提供いたします。安心して生活を送るためにも、気になる症状があればお早めにご来院ください。

皆様の健康をサポートするため、スタッフ一同心よりお待ちしております。

この記事を書いた人
Picture of 藤田泰治
藤田泰治

堺市にあるふじた整骨院の院長です。

ふじた整骨院へのアクセス

診療時間

日/祝
⚫︎⚫︎

腰痛や肩こりをはじめ体の不調でお悩みの場合はふじた整骨院にご相談ください!

まずは痛みの原因を徹底的に探る

痛みの患部周辺にはさまざまな筋肉や腱、靭帯が存在し、それらの損傷が痛みの原因になることがあります。
そのため、当院では問診、視診、徒手検査、理学検査を用いて痛みの原因を特定または推測し診断します。

治療の方法は8種類から選ぶ

その痛みの原因がわかれば、状態に応じて8種類の治療法(鍼灸、柔整手技療法、ストレッチ、特殊高周波治療器など)の中から、患者様の希望も考慮しつつ、適切な治療法を組み合わせて行います。
もしも施術効果が低い、または効果が出ない場合は、その理由がある場合を除いて、治療法の見直しを行います。

通院回数をできる限り少なく効果的な治療を

これらオーダーメイドの治療計画に加え、損傷部位への治療が最大限の効果を発揮し、損傷した組織の回復力を高めるために、根本治療と密接に関係する骨格矯正(姿勢矯正)を行います。
肩の痛みだけであっても、足の長さや骨盤の捻じれなどを正しいバランスに整えることで、数回の治療で完治したり、治癒までの期間が大幅に短縮されることは珍しくありません。

また、通院回数があまり確保できない方、日常生活で負傷部位への負担が避けられない方など、完治しにくい環境にある方は、それをほごするためのサポーター、テーピングでの保護はもちろん、日常生活での姿勢等留意点、損傷部位回復のための体操・ストレッチ・自己マッサージ等もご指導し、完治しにくい環境からの脱却も進めてまいります。

他の症状はこちら
「肩の左右の位置が違う」側弯症とは?症状や改善方法をご紹介
「肩の左右の位置が違う」側弯症とは?症状や改善方法をご紹介
『立ち上がる時に痛みを感じる』変形性股関節症とは?症状や改善方法をご紹介
『立ち上がる時に痛みを感じる』変形性股関節症とは?症状や改善方法をご紹介
「口が上手に開かない」顎関節症とは? 症状や治療方法をご紹介
「腕を上げると痛い」と感じたら上腕二頭筋長頭炎かも!症状や改善方法をご紹介
「腕を上げると痛い」と感じたら上腕二頭筋長頭炎かも!症状や改善方法をご紹介
頚椎症(けいついしょう)とは?
「手に痺れを感じる…」頚椎症(けいついしょう)とは?症状や改善方法をご紹介
上部へスクロール
メニュー
診療時間
日/祝
⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
アクセス