南海高野線 堺東から徒歩
menu
南海高野線 堺東から徒歩分の整骨院

「腰、お尻、足のしびれや痛みで動けない」腰椎椎間板ヘルニアとは? 症状や改善方法をご紹介

「腰、お尻、足のしびれや痛みで動けない」腰椎椎間板ヘルニアとは? 症状や改善方法をご紹介

腰椎椎間板ヘルニアは、現代社会において多くの人々が悩まされる腰痛の一因となる疾患です。長時間のデスクワークや運動不足、加齢に伴う椎間板の変性など、さまざまな要因が重なり発症します。

この記事では、腰椎椎間板ヘルニアの原因や症状、治療法について詳しく解説し、日常生活での予防策や注意点についても紹介します。腰痛に悩む方々が少しでも快適な生活を送れるよう、正しい知識を身につけましょう。

こちらの記事でわかること

腰椎椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎(腰の部分の脊椎)にある椎間板が損傷し、その内部の髄核(ゼリー状の物質)が外に飛び出すことを指します。これにより、近くの神経を圧迫し、腰痛や脚の痛み、しびれ、筋力低下などの症状が現れることがあります。椎間板は脊椎の間でクッションのような役割を果たし、脊椎の動きを柔軟に保つために重要です。しかし、加齢や過度な負荷、姿勢の悪さなどが原因で椎間板が変性し、ヘルニアが発生することがあります。適切な診断と治療を行うことで、多くの場合は症状を軽減し、日常生活を改善することが可能です。

腰椎椎間板ヘルニアの症状や特徴

腰椎椎間板ヘルニアの症状や特徴

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状には以下のようなものがあります。

腰痛

腰部に強い痛みが生じることが一般的です。特に動作時や長時間同じ姿勢を続けたときに痛みが増すことがあります。

坐骨神経痛

ヘルニアが坐骨神経を圧迫することで、腰から臀部、太もも、ふくらはぎ、足先にかけて痛みやしびれが広がることがあります。これを坐骨神経痛と呼びます。

感覚異常

足や足先にしびれや感覚の鈍さを感じることがあります。これは神経が圧迫されることで感覚が障害されるためです。

筋力低下

圧迫された神経が支配する筋肉に力が入らなくなり、足の筋力が低下することがあります。特に歩行が困難になることがあります。

痛みの増悪

咳やくしゃみ、排便時など腹圧がかかる動作で痛みが強くなることがあります。

膀胱・直腸障害

重症の場合、排尿や排便に関する障害が生じることがあります。これらの症状が現れた場合は、緊急の治療が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアにならない対策方法・予防策

腰椎椎間板ヘルニアにならない対策方法・予防策

腰椎椎間板ヘルニアを予防するためには、日常生活での姿勢や運動、生活習慣の改善が重要です。以下に具体的な対策方法を紹介します。

正しい姿勢を保つ

座るとき

腰をしっかりと椅子の背もたれに当て、足を床につけて座る。長時間の座り作業では適度に休憩を取り、姿勢を変える。

立つとき

背筋を伸ばし、肩をリラックスさせる。重心を均等に保つ。

寝るとき

硬めのマットレスを使用し、仰向けや横向きで寝ることを心がける。

適度な運動

ストレッチ

腰や背中の筋肉を柔軟に保つために、定期的にストレッチを行う。

筋力トレーニング

腹筋や背筋など、体幹を鍛える運動を取り入れ、腰を支える筋肉を強化する。

有酸素運動

ウォーキングや水泳などの全身運動を行い、全体的な体力を向上させる。

重い物を持つときの注意

重い物を持ち上げるときは、腰を曲げずに膝を曲げ、物を体に近づけて持つ。急に持ち上げたり、ひねったりしない。

体重管理

適切な体重を維持することで、腰への負担を軽減する。バランスの取れた食事と適度な運動を心がける。

生活習慣の改善

禁煙

喫煙は椎間板の血流を悪化させ、変性を促進するため、禁煙を心がける。

ストレス管理

ストレスは筋肉の緊張を引き起こし、腰痛を悪化させることがあるため、リラクゼーション法や趣味を持つことが重要。

定期的なチェック

定期的に整形外科医や理学療法士の診察を受け、腰の健康状態をチェックすることも予防に役立つ。

腰椎椎間板ヘルニアはどこで治療ができるのか?

腰椎椎間板ヘルニアはどこで治療ができるのか?

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、以下のような医療機関や専門家で受けることができます。

整骨院・鍼灸院

整骨院や鍼灸院では、手技療法や鍼灸治療を通じて腰痛の緩和を目指します。
医師の診断と連携しながら治療を進めることができます。

整形外科

整形外科は腰椎椎間板ヘルニアの診断と治療を行う専門科です。MRIやCTスキャンなどの画像診断を用いて正確な診断を行い、適切な治療法を提案します。

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、理学療法士による運動療法や物理療法を受けることができます。腰椎椎間板ヘルニアに対するリハビリテーションは、痛みの軽減や機能回復に効果的です。

ペインクリニック

ペインクリニックでは、痛みの管理を専門に行います。神経ブロックや薬物療法など、痛みを軽減するためのさまざまな治療法が提供されます。

総合病院

複雑な症例や手術が必要な場合、大学病院などの総合病院で専門的な治療を受けることができます。最新の医療技術や研究が活用されることが多いです

腰、お尻、足のしびれや痛みで動けないと感じたら堺市のふじた整骨院にご相談ください

腰、お尻、足にしびれや痛みを感じることはありませんか?そのまま放置しておくと、日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

腰、お尻、足のしびれや痛みは、軽度なものであっても早期の対応が重要です。
早めに診察を受けることで、適切な治療法を提案し、症状の悪化を防ぐことができます。

当院では、以下のような症状に対応しております。

  • 腰の痛みや違和感
  • お尻や足のしびれ
  • 足の痛みや感覚の鈍さ
  • 長時間立ったり歩いたりする際の痛み

ご相談いただくことで、症状の原因を特定し、適切な治療プランを提供いたします。
安心して生活を送るためにも、気になる症状があればお早めにご来院ください。

皆様の健康をサポートするため、スタッフ一同心よりお待ちしております。

この記事を書いた人
Picture of 藤田泰治
藤田泰治

堺市にあるふじた整骨院の院長です。

ふじた整骨院へのアクセス

診療時間

日/祝
⚫︎⚫︎

腰痛や肩こりをはじめ体の不調でお悩みの場合はふじた整骨院にご相談ください!

まずは痛みの原因を徹底的に探る

痛みの患部周辺にはさまざまな筋肉や腱、靭帯が存在し、それらの損傷が痛みの原因になることがあります。
そのため、当院では問診、視診、徒手検査、理学検査を用いて痛みの原因を特定または推測し診断します。

治療の方法は8種類から選ぶ

その痛みの原因がわかれば、状態に応じて8種類の治療法(鍼灸、柔整手技療法、ストレッチ、特殊高周波治療器など)の中から、患者様の希望も考慮しつつ、適切な治療法を組み合わせて行います。
もしも施術効果が低い、または効果が出ない場合は、その理由がある場合を除いて、治療法の見直しを行います。

通院回数をできる限り少なく効果的な治療を

これらオーダーメイドの治療計画に加え、損傷部位への治療が最大限の効果を発揮し、損傷した組織の回復力を高めるために、根本治療と密接に関係する骨格矯正(姿勢矯正)を行います。
肩の痛みだけであっても、足の長さや骨盤の捻じれなどを正しいバランスに整えることで、数回の治療で完治したり、治癒までの期間が大幅に短縮されることは珍しくありません。

また、通院回数があまり確保できない方、日常生活で負傷部位への負担が避けられない方など、完治しにくい環境にある方は、それをほごするためのサポーター、テーピングでの保護はもちろん、日常生活での姿勢等留意点、損傷部位回復のための体操・ストレッチ・自己マッサージ等もご指導し、完治しにくい環境からの脱却も進めてまいります。

他の症状はこちら
「肩の左右の位置が違う」側弯症とは?症状や改善方法をご紹介
「肩の左右の位置が違う」側弯症とは?症状や改善方法をご紹介
『立ち上がる時に痛みを感じる』変形性股関節症とは?症状や改善方法をご紹介
『立ち上がる時に痛みを感じる』変形性股関節症とは?症状や改善方法をご紹介
「お尻に慢性的な痛み」坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは?症状や治療方法をご紹介
「お尻に慢性的な痛み」坐骨神経痛とは?症状や治療方法をご紹介
「歩き出しに痛みが走る」足底筋腱炎とは?症状や改善方法をご紹介
「歩き出しに痛みが走る」足底筋腱炎とは?症状や改善方法をご紹介
「首や肩に鈍痛など違和感」頚椎椎間板ヘルニアとは?症状や改善方法をご紹介
「首や肩に鈍痛など違和感」頚椎椎間板ヘルニアとは?症状や治療方法をご紹介
上部へスクロール
メニュー
診療時間
日/祝
⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
アクセス