メール相談 LINE相談
TEL LINE Web予約

美肌を保つアンチエイジング方法 | 堺市で口コミ多数の整骨院|ふじた整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

美肌を保つアンチエイジング方法

2022.07.20 | Category: 美容エステ

美容業界で美肌やアンチエイジングの最新治療法として話題のサーマクールがあります。かつては、アンチエイジング効果のある美容施術といえばフォトフェイシャル、リフティング、レーザー光でしたが、それらとは別のものです。従来使用されていたレーザー波より長い波長の高周波であるラジオ波を用いた装置を使います。サーマクールは皮膚の深い部分まで届きますので、筋肉や真皮層を引き締め、アンチエイジング効果を高めることができるといいます。サーマクールは美肌にも良いとされており、お尻を引き締めたり、首のしわやたるみを除去する施術もできるといいます。サーマクールは、にきびやにきびの痕跡にも作用するといいます。サーマクールは高周波のエネルギーを肌に照射しますので、効果が出て欲しい皮膚の深層に届き、表面は冷やされたままという状態になります。施術後、洗顔やメイクに制限がないこともサーマクールの利点です。美肌効果、しみやたるみの解消によるアンチエイジング効果が、サーマクールによって実感できる美容効果といえるでしょう。施術の影響は、3ヶ月程度の時間をかけて少しずつ現れてくるようです。アンチエイジングのために期待することといえばしみやしわが減ることや、くすみが目立たなくなることですば、それには3ヶ月から4ヶ月かかるといいます。半年ほどアンチエイジングの作用が続き、美肌になれるという点が、サーマクールの人気の理由です。

簡単なストレッチ運動でお腹をスリムにできる

2022.07.20 | Category: ダイエット

お腹を引き締めてスリムになりたいという人には、簡単にできるストレッチがおすすめです。若かった頃はスリムだった下腹部も徐々に脂肪が増えてきて、スリムにしたいという人はたくさんいます。下腹部は脂肪が蓄積しやすい部位です。それは、お腹の筋肉を使った活動を日中あまりしないためです。簡単なストレッチを続けることで、スリムなお腹まわりを手に入れることができます。腰のツイスト運動は、お腹周りをスリムにできる手軽な運動といえます。頭の後ろで手を組み、肘を広げて、肩幅まで足を広げた姿勢で膝をつきましょう。お腹を回し、腹筋を動かすようイメージしつつ、体をまず右回します。そのまま上半身を右方向に倒し、ゆっくり10数えたら終了です。ひねり終わったら、体を真っすぐに戻し、また同じ方向にひねります。左右3回すつひねるだけでできるので、非常に簡単な運動です。台所作業のちょっとした合間や、テレビを眺めながらでもできる運動なので、習慣化することは難しくないでしょう。回数や秒数はあくまでも目安ですので、けっして無理をせず自分の体力に合わせて行うことも大切です。簡単にできるストレッチですが、毎日続けることによってスリムなお腹まわりになることが可能です。ダイエットを達成しスリムになる手段として、簡単なストレッチを活用してください。

サプリメントの意味と効果

2022.07.13 | Category: 健康サプリメント

栄養補給に正しくサプリメントが使えれば嬉しいところですが、意味のない飲み方をしてしまっている人もいます。質の良くないサプリメントや、体質に合わないサプリメントなを使っていることもありえます。サプリメント情報は、氾濫しているといっていい状態です。中には飲んでもあまり効果がない、品質的に劣っているサプリメントががあることも覚えておいてください。品物の良し悪しは、必ずしも価格には反映されません。サプリメントの中には、高くて低品質の商品や、安くて高品質の商品など、様々な商品が販売されています。サプリメントで一番大事なものは、天然成分でできている事と有効成分の含有量です。サプリメントを作る材料に、合成の物質ではなく自然に存在するものを使ってサプリメントを作ったものが、天然成分の商品です。サプリメントの原材料に天然成分がいいのは、合成で作った物質に比べて天然素材から抽出した物質の方が体に取り込まれやすいと言われているためです。合成成分を排出する為に肝臓や腎臓に負担をかけてしまう事もあるのです。サプリメントにどのような有効成分が含まれているかも、購入時には確認してください。サプリメントを飲む意味がある商品を見つけるためにも、有効成分がしっかり含まれているような商品を選択してください。

短期間ダイエットのポイント

2022.07.13 | Category: ダイエット

人と会うイベントや結婚式を間近に控え、短期間のダイエットに取り組んでいる人がいます。短期間でのダイエットを成功させるのは、容易ではありません。体を酷使するような厳しい運動や、カロリー摂取量をぎりぎりまで絞る食事制限が、短期間のダイエットでは行われます。短期間でダイエットをすると、それだけリバウンドしやすくなります。一カ月程度はダイエットに費やす必要があると目算を立てる必要があります。リバウンドの危険性が上がるのは、短期間で食事の量を減らすダイエットは、体がエネルギーを貯め込みやすくすることになるためです。短期間ダイエットでリバウンドしないためには、ダイエットと一緒に筋力強化のために運動を行うことが不可欠です。一時的に体重が落ちても、リバウンドしては元も子もありません。食事を減らすことで体重を減らすこと自体はできますが、筋肉量の低下も招いてしまうことになります。ダイエットとは体にどんな影響を与えるものかなど、ダイエットに必要な知識を有した上でダイエットをすることが、体のためです。期間を区切って、一息にダイエットをした場合でも、ダイエットが終わってからも体重を保つことができるかが大事です。ダイエットをやり遂げるには、運動を習慣にすることや、食事のバランスや量を見直すことです。短期間でダイエットをする場合には決して無理をせず自分のペースで行うようにしましょう。

にきびが出来た時の化粧品使用について

2022.07.06 | Category: 美容エステ

にきびに対して効果があるという化粧品が多く販売されていますで、にきび用化粧品の選び方とはどういったものでしょう。にきびができると、その部分にどうやって化粧をすべきか気になるものですが、化粧品の選び方は年代別で変わってきます。まず、どんなにきびができているかを観察しましょう。その内容によって、にきび用化粧品を選ぶ時の指針になります。皮脂の分泌量が多い10代、20代のころのお肌は、余分な皮脂を除去できるものや、過剰な皮脂分泌を抑制できるタイプの化粧品が適しています。お肌から分泌される皮脂が、毛穴を詰まらせるとにきびができやすくなります。けれども、皮膚は油膜に覆われることで乾燥から守られていますので、洗う力が強すぎるクレンジング剤は、皮膚の乾燥の原因になってしまいます。お肌の保湿をしっかり行うことも、皮脂汚れを取りのぞくことと同じくらい大事です。30代~40代になると、皮脂の分泌量は抑えられますが、体調不良や、ストレスによる肌荒れが多くなってきます。ホルモンのバランスが偏ることで、肌荒れが進み、にきびができることもあります。30代からのにきび化粧品は、保湿成分や、美容成分が配合されているたタイプで、お肌に栄養と潤いを与えましょう。40代のお肌は新陳代謝が下がってくるために、にきび以外にもしみやしわ、たるみといった肌トラブルが心配になってくることが多いようです。にきびの他にも、年齢を重ねると相応の肌トラブルが出てくるようになりますので、どんな化粧品でお肌をケアするかをよく考えることです。

肥満気味の男性は早めの対策が必要

2022.07.06 | Category: ダイエット

肥満は百害あって一利なしですのでご家族を支えておられる男性は早急に解消されることをおすすめします。見た目が太っていてよかったということは滅多にないので、肥満よりも引き締まった体つきのほうが何かと有利です。肥満の男性を目の前にして、優しそうとか、頼れそうだと思う人は少なく、いぎたない、鈍重そうだという解釈をされがちです。男性の立場から考えれば、肥満にマイナスの印象を持っている人が多いことは、難しいテーマです。ダイエットによってスリムに変身することが出来れば評価は一変して、肯定的なものに変わることでしょう。肥満は、外見を損ないやすいというだけでなく、病気へのリスクが高まるというデメリットがあります。肥満は食べ過ぎ、運動不足などの理由が大半であるため、栄養が過剰に摂取されている状態になっていると考えられます。長期間にわたって肥満のままでいると、内臓に負担がかかったり、血流が滞って脳梗塞など深刻な病気を引き起こしたりします。食事を摂る時は、何を最初に食べるかや、よく噛んで食べることも、重要になります。食後の血糖値が急に上がることがないように、サラダや小鉢など低カロリーのものから食べるといいでしょう。繊維質の多い野菜や果物を先に食べて、炭水化物を多く含む穀物などを後回しにするのがポイントです。カロリーの多い食事をしていると肥満一直線ですので、何とかして食事を自分の体に合う内容のものにしていきましょう。

セルライト対策のためのサプリメント

2022.06.29 | Category: 健康サプリメント

サプリメントでセルライト解消を行うという方法が注目されています。セルライトのサプリメントは薬ではなく、法律の上では食品として扱われています。セルライトは、サプリメントを飲むだけで減らせるというものではありません。サプリメントには大した効果がないのかというとそう言うわけでもありません。何をもってサプリメントというかは、はっきりと決まっていません。販売されているサプリメントごとに内容が全く違うこともあります。人によって、影響の受け方もかなり違っています。セルライトを減らすためにすべきことは、サプリメントを使うことより、日々の食生活を見直すことだと言われています。バランスのいい食事を毎日継続することが難しい環境にある人なら、栄養補給をサプリメントで行うことはかなり大事なことです。サプリメントで不足しがちな栄養素を上手に補えば、セルライトの対策は十分に可能だと考えられます。栄養成分の中には、セルライトを減らすためにはいるけれど、食事には少ないものもあります。どの栄養成分を体内に取り入れるとセルライトの減少に効果があるかを確認して、毎日の食事やサプリメントで栄養摂取をするといいでしょう。

ストレッチでお腹まわりのダイエット

2022.06.29 | Category: ダイエット

ウエストを気にしてダイエットをする人は多いですが、ストレッチをすることでおなかを引き締めることが可能です。おなかの引き締めと、腰痛にいいストレッチがあります。日中ずっと姿勢を変えられないという人や、体が冷えやすい人にとっては、腰痛は大敵です。腰痛の改善とお腹まわりのダイエットが同時にできるストレッチとはどんなものなのでしょうか。自らの体の重さを利用して行うストレッチには、腸の活動を盛んにすることによってお通じをよくすることが可能です。正座をし、両方の手を床に触れさせます。その姿勢のまま腕をまげずに上半身を倒し、腰を伸ばすようにします。深呼吸を8回行ってから両手を後方にもっていき、手の甲を床に触れさせた状態で、肩と首の力を抜きます。手が沈むような感覚で行いましょう。更に深呼吸を8回行い、静かに立ちあがれば終了です。手軽にできるストレッチですので、就寝前や起床後に毎日行う習慣をつくってみてください。普段はしなくても、腰がだるい時などにやってみてください。ストレッチは体を傷めないようにやることがポイントてず。反動をつけたり無理に伸ばしたりすることは避けましょう。気持ちよさを実感できる姿勢を、ストレッチで見つけることが成功のコツです。ストレッチを継続することによってダイエット効果が得られ、ウエストサイズも引き締めることが可能です。

ミルククレンジングとは

2022.06.22 | Category: 美容エステ

どのような特徴が、ミルククレンジングにはあるのでしょうか。様々なクレンジング剤がメイク落としにはあり、オイルタイプやジェルタイプなどに分かれます。中でも、洗い流さない洗顔という新しい方法として有名になりつつあるのがミルク洗顔です。ミルク洗顔では、保湿力の高いミルク状のクレンジング剤で汚れを浮かせ、コットンで拭き取るというものです。水に流さずに顔を洗います。今でもオイルを用いたクレンジングが、クレンジングの主流ではないでしょうか。オイルクレンジングは、洗浄力は強いですが乾燥肌を促進しやすいという欠点があります。オイルの特性は毛穴を開いてしまうということのようです。洗浄力は弱めですがしっかり使えば汚れはきちんと落ちるのが、ミルククレンジングの特徴です。肌に負担をかけずにメイク落としができますし、皮脂を取りすぎることもありません。肌本来の潤いが維持できるミルククレンジングは、肌をこすったりなどの刺激が少ないのが特徴です。日々のお手入れでミルククレンジングを継続して使用していると、肌の状態が良くなってくるようです。お肌が乾燥気味な方にはお勧めしたいクレンジング方法です。季節によってミルククレンジングとオイルクレンジングを使い分けるという方法もあります。毎日の基本洗顔はミルククレンジングで、石鹸や泡洗顔を何日かに一度するのも良いかもしれませんね。

肥満と体重

2022.06.22 | Category: ダイエット

肥満気味の人、体重が多い人は、高コレステロールや高血糖など、健康に悪影響を及ぼすような状態を招きやすいと言われています。肥満体質改善の為にダイエットを考える人が多くいるようです。一人一人の生活習慣や食事によって、肥満や体重の増える理由は違います。年齢や筋肉量によって基礎代謝量が減ったり、カロリーオーバーの食事をしていたり、運動の習慣がないなどの理由が一般的なようです。肥満対策や体重を減らすため、ダイエットを始める人は増えています。食生活を改善し、適度な運動の習慣をつけ、規則正しい生活をすることなどか大事です。企業の健康診断などで、体重の増加や肥満度の進行を指摘され、高血圧や高血糖の対策のためにダイエットをすすめられたことが取組のきっかけになる方もいます。特に中高年になると基礎代謝率が低下することでカロリー消費が減少傾向になります。基礎代謝が低下しても若い頃と変わらない食事をしていると、結果的に体重が増え肥満になりやすくなるようです。今までは、ダイエットといえば美容に興味がある若い女性の行うことでした。最近では、年齢や性別に関係なく、ダイエットをする人が増えています。現在、成人病や生活習慣病の予備軍とされるのは成人した大人だけではなく小学生などの子供が含まれています。欧米化した食生活や、生活習慣の問題などからくる子供の体重の増加や肥満体型が原因の健康被害も大変問題となっています。